精華堂の歴史 尺八について 歌口フィッティング 価格表 精華堂へのアクセス お問い合わせ
精華堂の歴史 一管の竹に生命を吹き込んで行く
 

 北原精華堂は1908年(明治41年)に初代北原篁山(都山流師範第一号・殿堂入り)が、大阪市西区江戸堀において、全国より当時一流の尺八職人を集め創業いたしました。
 初代北原篁山は、当時吹かれていた尺八が楽器として余りにも不完全であったことを痛感し、尺八音楽の発展は作曲・演奏・楽器の三者がそろって進歩しなければならないと考え、「優れた楽器と言える尺八」の製作を目標として自らも製管をはじめました。
 そして1945年(昭和20年)、戦災により京都に移りました。現在は初代北原篁山の三男北原宏造・孫の北原郁也・曾孫の北原宏樹が二代北原篁山(邦楽4人の会代表、芸術選奨・芸術祭大賞の文部大臣賞等受賞等)らの助言を得、作曲、演奏の変化に対応し、伝統ある手工技術に加え、音響学的研究により、常に最高水準と謳われる尺八を作り出しております。

初代 北原篁山
初代 北原篁山
Page Top
Copyright(c) 2005 Kitahara Seikado. All Rights Reserved.